what
subtitle_08 広島県・廿日市の海は、神の島、宮島を守るように静かに広がっています。山から湧き出た川の水が流れ込んで、海のミネラルに山の栄養がたっぷり加わったこの海の下では、つややかな肌をひときわ輝かせている食の宝石が眠っています。それは、大きな粒と濃厚な味わいが特徴の〝はつかいち牡蠣〟。海と山の両方がもたらす恵みをたっぷりとその身に受け、神のお膝元で大切に守られてきた〝はつかいち牡蠣〟だからこそ、いただくときも感謝の気持ちを込めて大切に味わいたい。そんな思いから〝牡蠣くるみ〟は生まれました。牡蠣をやさしくくるんで、大切に味わう。廿日市から発信する新しい牡蠣の楽しみ方〝牡蠣くるみ〟。あなたもおひとついかがですか。

 

subtitle_04廿日市を含む広島湾は島や岬に囲まれ、波が静かで潮の流れも適度にあり、かきの生育にいい条件が揃っています。豊かな山地から清流が流れ込み、清流は海水と混ざり栄養素の高いプランクトンを繁殖させます。特に廿日市は、養分豊かな汐が多く集まる海域と言われており、身の締まった、加熱しても縮みにくい牡蠣が多く育ち、古くから主要な地域産業として発展を遂げてきました。

 

かきくるみレシピ01

subtitle_14

ご利益くるむ牡蠣くるみ
神の島で育った牡蠣は縁起もの
くるくるくるんで
大切にいただきたい
そんな食べ方をご紹介します
il1