はつかいち牡蠣のパワーをいただいた後は、さらなる運気アップを目指してパワースポット巡りとまいりましょう。il3


593(推古天皇即位元)年、佐伯鞍職(さいきのくらもと)により創建され、平清盛によって現在の姿に修造されました。主祭神は市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)の三女神で、海の神、財福の神、技芸の神として信仰を集めています。

s-大鳥居海中にそびえ建つ朱塗りの大鳥居

海上社殿は竜宮城を思わせる

所在地 廿日市市宮島町1-1 TEL 0829-44-2020


sub_20今にも落ちそうなバランスで重なっている大岩。明神様の伝説もあるこの岩は、「決して落ちない」として受験生の祈願スポットになっています。側に建てられた帯掛明神は、その昔、嚴島神社三女神の1人である市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)が、乳飲み子を背負い出雲から嚴島までを旅する途中、帯をこの岩にかけたという言い伝えに由来しています。

s-重なり岩 (1280x960)落ちそうで落ちない不思議な巨岩

s-帯掛神社大岩の麓にある帯掛明神

所在地 廿日市市津田


sub_23「車を買ったら速谷さん」と言われるほど、交通安全祈願の神社として有名です。安芸国を開いた飽速玉男命(あきはやたまおのみこと)を祀り、遠くは関西や九州からも交通安全を願うドライバーの方々が訪れています。

s-速谷神社交通安全の神様として有名

s-速谷神社-車祓所 (1280x719)交通安全祈願は随時行っています

所在地 廿日市市上平良308-1 TEL 0829-38-0822


sub_26603(推古11)年、嚴島神社の摂社として創建したといわれています。主祭神は大山祇命(おおやまつみのみこと)、国常立命(くにのとこたちのみこと)、嚴島神社初代神職の佐伯鞍職命(さいきのくらもとのみこと)。拝殿は木造重層建築で、静岡県の浅間大社とともに他に例のない、珍しい建築様式です。

s-大頭神社豊かな緑に囲まれた静かな雰囲気。裏手に妹背の滝がある

s-妹背の滝マイナスイオンあふれる妹背の滝

所在地 廿日市市大野1494-2 TEL 0829-55-0378


<<御朱印がいただける廿日市市内の神社仏閣>>

廿日市天満宮

廿日市市天神3-2
0829-31-0501

大頭神社

廿日市市大野1494-2
0829-55-0378

洞雲寺

廿日市市佐方1071-1
0829-31-2461

嚴島神社

廿日市市宮島町1-1
0829-44-2020

大聖院

廿日市市宮島町210
0829-44-0111

速谷神社

廿日市市上平良308-1
0829-38-0822

豊国神社(千畳閣)

廿日市市宮島町1-1
0829-44-2020(嚴島神社)

大願寺

廿日市市宮島町3
0829-44-0179

  

ごしゅいんちょう
御朱印帳にいただいた速谷神社(左)と大頭神社(右)の御朱印、(一律300円)